誰でも簡単!複写印刷物を自分で作成する方法

契約書・申込書や注文書・帳票など様々な複写印刷物を使用されている方で、

複写印刷物のコストを削減したい・・・

複写印刷物が少数しか必要ないので印刷屋さんへお願いし難い・・・

といった悩みを抱えていないでしょうか。

そんな悩みを解決する方法として、

プリンターで印刷できる複写用紙を使用してみませんか?
2枚目の複写用紙(ノーカーボン紙)に複写されている

印刷内容を作成して複写用紙に印刷するだけで、ご自身で簡単に複写印刷物を作成できます。

複写用紙(ノーカーボン紙)とは?

複写用紙は、見た目は両面白紙ですが表面に特殊塗料が塗ってあります。
複写用紙を重ねてボールペンなどで記入することで、この特殊塗料が発色して複写されます。

複写用紙(ノーカーボン紙)の紹介

複写印刷物の作成例

  1. プリンターで複写用紙に印刷する

    印刷内容をWordなどで作成し、複写する枚数分、プリンターで印刷します。
    使用するプリンターは、レーザープリンターがオススメです。 インクジェットプリンターは機種にもよりますが、少し滲みができる可能性がございます。

    複写用紙(ノーカーボン紙)2枚をプリントアウト
  2. 印刷した複写用紙2枚を綺麗に重ねます

    複写用紙(ノーカーボン紙)を2枚用意する 複写用紙(ノーカーボン紙)を綺麗に重ねる
  3. 重ねた複写用紙に記入します

    複写用紙(ノーカーボン紙)を重ねて記入する
  4. 2枚目に複写されます

    2枚目の複写用紙(ノーカーボン紙)に複写されている

ご使用上の注意点

  • 複写用紙と普通用紙を重ねても複写はされません

    表面と裏面に特殊塗料が塗ってある複写用紙同士でなければ、複写されません。

  • 複写用紙は表裏を間違えると複写されません

    複写用紙には表面と裏面があり、表面を上にして重ねる必要がございます。
    表面と裏面の見分け方は、表面の端は少し青く色がついており、表面よりも裏面の方が少しザラザラしています。

    複写用紙(ノーカーボン紙)は表面と裏面があります

まとめ

作成例のように、複写用紙(ノーカーボン紙)を利用することで、誰でも簡単に複写物を作成することができます。

プリンターで簡単に作成することができるため、かなりのコスト削減にもなり、印刷内容に修正が必要になった場合も安心です。
サンプルの発送も承っておりますので、まずは一度お試ししてみませんか。

用紙屋アケボノでは、A4の複写用紙はもちろんのこと、ミシン目入り複写用紙も販売しております。

ノーカーボン紙